月別: 2018年1月

英語が話せるようになる勉強法

今回は筆者自身が役に立ったという英語の学習法(特に単語とスピーキング)を紹介したいと思います。英語が話せるようになりたいという人にはお勧めの情報です。この学習法は英語を学び始めて、ある程度自分で英語を扱えるようになったけど、もっと伸ばしたい!もしくは、すこし伸び悩んでるという人向けだと思います。

・英単語の覚え方
単語は覚えるしか道はないと私は思います。ただ、覚え方はいくつかのアプローチがあると思います。今回は2つ紹介したいと思います。
1つ目は単語とイメージをセットで覚えるです。
英単語を覚えるときにやみくもに単語帳を眺めていたりしませんか?もちろんそれでも効果はある人もいると思います。
もっと、効率的に覚えたいならイメージとセットでインプットするのが重要だと思います。例えば、negotiateという単語を覚えたいと思った時に、negotiate=交渉とするよりも、交渉をしている場面をイメージしたり、実際にその状況の写真とともに覚えたりすると効果的でした。他にも、immersion=浸ると覚えるよりも、自分がコーヒーのプールに浸ってるのように、インパクトのあるイメージだとなお覚えやすいと思います。

2つ目は、コンテクストで覚えるということです。実際に文章を読みながら、単語を覚えていくという方法です。このアプローチをとる際に気を付けたほうがいいことは、なるべく同じジャンルの文章を読むということです。なぜなら、同じジャンルの文章であれば、同じ単語が何回も繰り返し出てくることで定着するようになるからです。

以上が、英単語の覚え方についてでした。次はスピーキングについて紹介していきたいと思います。

・スピーキング
日本で英語を学んでいると、なかなかスピーキングの練習ができません。英会話教室を利用している人や知り合いにネイティブがいる人は、練習ができるかもしれませんが、多くの方がそうではないと思います。今回、紹介する方法は文法と単語をある程度習得した人向けの方法となっております。

私が提案するのは「ひとりごとを英語で言ってみる」です。もちろん声に出せば、発音の練習にもなりますが、私は恥ずかしかったので、心の中でとどめていました。これなら、お金もかからないし場所を問わずできると思います。電車の中や信号を待っているときでもできます。例えば、冬なのに短パンの人を見かけたとします。その時に日本語で「なんであの人はこんな寒いのに短パンなの?」と言語化するのではなく、英語で「Why is he/she wearing that shorts in this such a cold day?」というように言語化するとスピーキングの練習になると思います。また、こうすることで単語力も鍛えられると思います。先の例文で、もし「短パンってなんていうんだろう」と思った場合、すぐに調べて覚えてしまえば、単語も鍛えられるようになります。他にも、「ここまで直接的には言いたくないな」と思った場合、もっと間接的に表現できる文法がないかを調べれば、文法表現の習得にもつながります。

このように独り言をいうだけでも、スピーキングの練習はできます。また、これによって単語や文法の習得にもつなげることができると思います。

まとめ
以上が、単語とスピーキングの勉強方法です。他にも覚え方やアプローチはたくさんあると思うので、自分に一番合った方法で英語の勉強をしてみてください。

ハイドロキノンクリームは美白最終兵器

鼻一帯の毛穴がポツポツ開いていると、ファンデやコンシーラーを使っても鼻のくぼみをごまかすことができずきれいに仕上がりません。美白に取り組むならハイドロキノン クリーム おすすめだと言えます。入念にお手入れするようにして、ぐっと引き締めることが大事です。敏感肌のせいで肌荒れがすごいと思い込んでいる人が多々ありますが、本当のところは腸内環境の異常が要因のこともあり得ます。腸内フローラを整えて、肌荒れを克服していただきたいですね。美白ケアアイテムは日々使うことで効果を実感できますが、日常的に使う商品だからこそ、信用できる成分が含有されているかどうかをしっかり判断することが大事なポイントとなります。

「敏感肌体質で何かある毎に肌トラブルが発生してしまう」とお感じなっている方は、毎日の暮らしの是正に加えて、専門の医者を訪ねて診察を受けましょう。肌荒れというのは、専門の医者にて治せるのです。基本的に肌というのは体の表面に存在する部分です。でも身体内部からだんだんと修復していくことが、一見遠回りに見えても最も確実に美肌に生まれ変われる方法だということを覚えておいてください。肌荒れを避けたいと思うなら、常日頃から紫外線対策をする必要があります。かさつき、ニキビ、シミ等の肌トラブルからすると、紫外線は天敵とも言えるからです。シミができると、いっぺんに年を取ったように見られるはずです。ぽつんとひとつシミが浮いているだけでも、現実よりも年老いて見えてしまうのでしっかり予防することが必須です。肌荒れを起こしてしまった時は、ある程度お化粧は避けた方が良いと思います。尚且つ睡眠並びに栄養をきちんと確保するように意識して、肌が受けたダメージの正常化に頑張った方が良いと断言します。肌が美しい人って「毛穴が初めからないのでは?」と思ってしまうほどへこみのない肌をしているものです。

効果的なスキンケアを心がけて、滑らかな肌をゲットしていただきたいと思います。「長期間用いていたコスメ類が、突然フィットしなくなったようで、肌荒れが目立つ」といった人は、ホルモンバランスが普通でなくなっていると考えるべきだと思います。同じ50代であっても、アラフォーあたりに見間違われる方は、やはり肌が美しいものです。白くてツヤのある肌を持っていて、当然シミもないのです。ボディソープには多くのシリーズがあるわけですが、あなた自身にマッチするものをピックアップすることが大事になってきます。乾燥肌で困っている人は、最優先で保湿成分がふんだんに取り入れられているものを利用すべきです。

ニキビ専用のコスメを入手して地道にスキンケアに勤しめば、アクネ菌の異常増殖を阻止するのと同時に皮膚を保湿することも可能であるため、手強いニキビにぴったりです。美白向けに作られた化粧品は雑な方法で使い続けると、肌にダメージをもたらすとされています。美白化粧品を購入するなら、どんな美容成分がどのくらい配合されているのかを絶対にチェックしましょう。かゆみや赤みなどの肌荒れは生活スタイルが健全とは言えないことが要因であることが多いようです。ひどい寝不足やストレス過多、食生活の偏りが続けば、誰であっても肌トラブルが起きる可能性があるのです。